houjyuasia82のブログ

宝珠 利他の心 漢字文化圏

日韓併合

犬の頭下げ尾降り傀儡御遊び、猫の喉鳴らし傀儡御遊ばせ

犬の頭下げ尾降り傀儡御遊び、猫の喉鳴らし傀儡御遊ばせ 犬は不可解で有る、散歩中の犬は近傍の住民には殆ど無視するのに、別の飼い犬に出会った瞬間に吠え猛ぶ。縄張りの主張か?犬は遠吠えをし、遠くの犬に、自分の存在を知らしめる。 大地震の後で野生動…

貢女は牛や馬や豚並みで有った

貢女は牛や馬や豚並みで有った ソウル郊外の公園の片隅に大清皇帝功徳碑(恥辱碑)三田渡碑が立って居る。亀の背に石碑が立って居り、モンゴル語と漢文で書かれて居る。現代ではハングル訳が表示されて居る。学校で何が書かれて居るかを教え無い、歴史の恥部…

胼胝の記憶

胼胝の記憶 世界史を紐解くと、自国の歴史を悪く書く国は無いが、植民地時代の暗黒の時代は何処の国でも、西洋列国が悪者に成って仕舞って居る。日韓併合の35年間も同様で有る。史実で無い可能性が有る。戦後の韓国の様子は米軍のGHQ等が撮影した写真や…

真の反日と嘘の親日、何方が得やら損やら

真の反日と嘘の親日、何方が得やら損やら 溜息を吐く様に嘘を吐く韓国では有るが。厄が己に降り掛かって初めて反日は誰かが煽って居る事に気が点く、歴史の教科書の嘘に気が点く。元従軍慰安婦や元女子勤労挺身隊や元徴用工が訴訟で勝訴し、資産を差し押さえ…

日帝残滓と翻訳語

日帝残滓と翻訳語 今、世界の言語は欧米を中心とする表音文字言語と中国語を中心とする表意文字言語に二分される。韓国が反日の為に漢字を廃止し、何を得て何を失ったかが世界の言語後学者の関心事でも有る。75年経って今頃に成って色々弊害が出出した。ア…

壱百年の数多の廣施で、壱千年の怨みを買い、壱万年の敵国にされる

壱百年の数多の廣施で、壱千年の怨みを買い、壱万年の敵国にされる 日韓併合は世界史の中でも未だに謎が多い、当時、世界中を嘲笑の坩堝と化す程の偶行で有った。当時の大日本帝国は大国清国を破り、列国露西亜帝国に勝った世界の壱等国、方や大韓帝国は下関…

貴婦人も赤面の『尻拭い』の語彙

貴婦人も赤面の『尻拭い』の語彙 中国には不幸が続いて居る。グローバル化を言い出し、世界の人や物や文化の移動を自由にし、共に発展しようと言い出したのは米国で有る。今に成って米中貿易戦争の関税合戦を始めた。悪童にも米国の理不尽を感じる。出る杭は…

独立門の前で日本からの独立を万歳を猛ぶ

独立門の前で日本からの独立を万歳を猛ぶ 今、中国は大変で有る。米中貿易戦争の関税合戦が未だに続いて居る。豚コレラや鳥インフルエンザや武漢新型コロナウィルスの肺炎が蔓延して仕舞って居る。蝙蝠からの伝染と言われるが、生物兵器の疑いも有る。市場の…

悪童も納得の脱反日

悪童も納得の脱反日 今、中国の武漢で武漢新型コロナウィルスの肺炎が蔓延して居る。韓国にも感染者が発生、其の内、死者も発生するで有ろう、悪童にも事態の深刻さが判る。己の身に関わる事は大事に成る。中国の工場が操業停止で部品の供給が間に合わ無い。…

蛮行の記憶の夢文字よ永遠に

蛮行の記憶の夢文字よ永遠に 生物の多くは産卵で親子の縁が切れて仕舞う。産卵が終わると寿命が尽きる寧物が多い。恐怖の記憶を孫子には残せない。ヒトが蛇や蝙蝠や百足や蜂や蜘蛛に本能的に気嫌いするは、ヒトの祖先が樹上生活をいて居た事を物語る。犬が棒…

師弟の死闘

師弟の死闘 昔、100点満点の数学の試験に120点を付けた数学の教授が居た。自分が作った模範解答より優れた回答をした学生が居たので有る、韓国では歴史の学科が試験に使え無い、模範解答が複数有る為で有る。韓国のソウル郊外の公園に亀の背に載る恥辱…

犬の棒吠え

犬の棒吠え 犬を飼って居ると、不可解な事に出会う。犬は洗濯用の物干し竿に、怯え、唸り、牙を剝き、吠え猛ぶ。包丁に怯えるは道理で有るが、何を血迷うたか物干し竿に怯える。犬も歩けば棒に当るの諺も犬の棒吠えを知ら無いと理解し難い。棒に当る事が幸運…

男装娘の立ち尿り

男装娘の立ち尿り 韓国には500年にも及ぶ敗戦の忌まわしい歴史が有る、戦争に負ける事の屈辱や恐怖が遺伝子に書き込まれて居る。其の為中国人や露西亜人の悪口は決して言わ無い。娘は辱めを受けない様に、男の恰好をs、立ち尿りをして居た。日本は近代迄…

反日で漢字を廃止し、日帝残滓で日本語語源の語彙を死語に決め、天に唾を吐く朝鮮人

反日で漢字を廃止し、日帝残滓で日本語語源の語彙を死語に決め、天に唾を吐く朝鮮人 韓国では日帝残滓で日本由来の樹木を皆切り倒した、樹木に積み無し、名前を替えるか、人の住まぬ奥山に移植すべきで有った。 『犬も歩けば棒に当る』の諺が有る。犬が棒み…

日帝八奪は史実か?捏造の大罪

日帝八奪は史実か?捏造の大罪 朝鮮の李氏朝鮮時代の人民の生活の様子は、英国の旅行作家イザベラ・バードの朝鮮紀行で詳細に描写されて居る。当時の写真も外国には幾つか残って居る。インターネット上にも公開されて居る。日韓併合時代の様子は満州事変を調…